第21回日本褥瘡学会北海道地方会学術集会

ご挨拶

平素より会員の皆様方におかれましては褥瘡医療、教育、研究活動にご尽力をいただき誠に有り難うございます。
2022年11月12日の第21回日本褥瘡学会北海道地方会学術集会は、「褥瘡対策におけるチーム医療の現状と新たな展開」をテーマにWeb開催することと致しました。今や医療の多くの分野でチーム医療が行われておりますが、皆様方の施設で実践されている褥瘡対策は多職種連携によるチーム医療の走りであると言えるのではないでしょうか。2022年度の診療報酬改定により、褥瘡患者さんの薬学的管理、栄養管理に関する事項について、必要に応じて薬剤師、管理栄養士と連携し褥瘡診療計画書に記載することが明示されました。薬学的管理、栄養管理は従来の褥瘡対策でも行われていることではありますが、今後の発展を見据えて現行のチーム医療を改めて見直すべくシンポジウムを企画致しました。
一般演題はテーマに関わらず広く募集致します。
従来併催されておりました日本褥瘡学会公認教育セミナーは、日本褥瘡学会の方針によりe-ラーニング化され、前回地方会より併催がありません。前回同様、地方会独自に皆様のお役に立てる内容のセミナーを企画しております。
皆様のご発表、ご参加を心よりお待ちしております。

第21回日本褥瘡学会北海道地方会学術集会   
会 長 村尾 尚規(斗南病院 形成外科)  
副会長 秋田 珠実(北海道大学病院 看護部)


日本褥瘡学会北海道地方会では今後、会員の皆様への情報配信を紙媒体からメール配信へと徐々に移行する方針です。メールアドレスを登録していない会員の方は日本褥瘡学会北海道地方会事務局(e-mail: jspu-hokkaido@shunkosha.com)までお知らせいただけますようお願い致します。

プログラム

13:00~
開会の辞
  村尾 尚規(国家公務員共済組合連合会 斗南病院 形成外科)

13:10~14:25
セミナー
司会:村尾 尚規(国家公務員共済組合連合会 斗南病院 形成外科)
Ⅰ.「褥瘡の治療(保存的治療、外科的治療)」
講師:村尾 尚規(国家公務員共済組合連合会斗南病院 形成外科)
Ⅱ.「褥瘡対策における薬剤管理」
講師:熊谷 卓博(北海道大学病院 薬剤部)
Ⅲ.「褥瘡対策における栄養管理」
講師:熊谷 聡美(北海道大学病院 栄養管理部)

14:25~14:30
休憩

14:30~15:10
特別講演「2022(R4)年度診療報酬改定のポイント解説 ーチーム医療を中心にー」
演者:高水  勝(スリーエムジャパン株式会社 医療用製品事業部)
司会:秋田 珠実(北海道大学病院 看護部)

15:10~15:20
総会

15:20~16:05
一般演題
座長:佐藤 明代(市立札幌病院 看護部)
1.「踵部褥瘡における当院看護師の意識調査」
  浅井  葵(国家公務員共済組合連合 斗南病院 看護部)
2.「褥瘡専任看護師としての病棟内での取り組み」
  小倉 佳子(士別市立病院 看護部)
3.「急性期病院における看護師補助者への 清潔ケアの委託から褥瘡対策を考える」
  佐藤加緒里(国家公務員共済組合連合 斗南病院 看護部)
4.「中小規模病院における多職種連携の形」
  髙橋 良太(士別市立病院 看護部)
5.「当院(療養型病院)における多職種で関わる褥瘡治療の過去15年を振り返って」
  福田 健吾(医療法人扶恵会 釧路中央病院 薬剤科)

16:05~16:10
休憩

16:10~17:10
シンポジウム
テーマ「褥瘡対策におけるチーム医療の現状と新たな展開」

司会:中村 公子(釧路労災病院 看護部)
1.「当院の褥瘡対策におけるチーム医療の現状と課題」
  北川美穂子(札幌医科大学附属病院 看護部)
2.「褥瘡のチーム医療の変遷と褥瘡予防に対する効果」
  宮田 照美(札幌厚生病院 看護部)
3.「令和4年度診療報酬改定に伴う褥瘡対応の現状と課題」
  小林 和則(北海道社会事業協会 帯広病院 看護部)

17:10~
閉会の辞
  秋田 珠実(北海道大学病院 看護部)
次期会長挨拶
  水木 猛夫(市立函館病院 看護局)

<< 前のページに戻る

学術集会

セミナー

事務局

〒169-0072
東京都新宿区大久保2-4-12
新宿ラムダックスビル 9階
(株)春恒社学会事務部内
日本褥瘡学会
北海道地方会事務局
TEL:03-5291-6231
FAX:03-5291-2176
EMAIL:jspu-hokkaido@shunkosha.com